観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > はなとりおどり・正木の花とり踊り

このページを印刷する

はなとりおどり・正木の花とり踊り

はなとりおどり・正木の花とり踊り

歴史・文化

県指定文化財 無形民俗文化財

花取り踊りは、南予の一部と土佐一円に踊られており、発祥は土佐であろうが、最も古い形を残しているのは正木の花とり踊りである。

花取り踊りは、修験道の山伏芸能のひとつで、鉦を叩く行為や歌詞から念仏踊りが取り入れられたことが分かる。
また踊りの由来は、花賀という賊や、花賀城主の霊を慰める。あるいは敵将の鼻を切り取ったなどがあるが、これはハナトリの語呂合わせで、神仏に供える花、シキミ、サカキ、ツツジ、シャクナゲ等を取る意味である。

はなとりおどり[増田]

はなとりおどり[増田]の斎払いは、本山派(天台系)と当山派(真言系)の争いを表し、青竹の打ち合いは、土佐の神事「棒打ち」の影響がみられる。踊りの刀は破邪の剣、平常嫌う逆さ鎌は破魔除災を表している。旧暦の7月11日安養寺境内で、麻の藍染の着流しにたすきを掛け、八十八部の帽子様の鉢巻で踊る。

はなとりおどり・正木の花とり踊り

はなとりおどり・正木の花とり踊り

正木の花とり踊り

正木の花とり踊りは、旧暦10月18日篠山(現在は歓喜光寺権現堂)、歓喜光寺境内及び旧庄屋蕨岡家で、雪輪笹紋の袖無上衣に裁着袴、赤い鉢巻で踊る。

はなとりおどり・正木の花とり踊り

はなとりおどり・正木の花とり踊り

いずれも真剣を使うので、7日間の水垢離で身を清めて踊る。

インフォメーション

開催日・場所

  • はなとりおどり[増田]
    日時:平成30年8月21日(火曜日)午後1時から
    場所:安養寺境内
  • 正木の花とり踊り
    日時:平成30年11月25日(日曜日)午前10時から正午
    場所:歓喜光寺境内ほか

(注意)上記時間は目安であり、前後する場合があります。

関連リンク

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る