観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 食べる・特産品 > 愛南ゴールド(河内晩柑)

このページを印刷する

愛南ゴールド(河内晩柑)

愛南ゴールド(河内晩柑)

食べる・特産品

香り豊かな金色の果皮
ほどよい甘さと爽やかな酸味が特徴の晩柑

愛南ゴールドは、品種を河内晩柑といい愛南町が生産量日本一を誇っている柑橘です。2007年3月に総称名称として愛南ゴールドと名付けられました。

愛南ゴールドは、一つの重さにつき約40%ほどの果汁がある、非常にジューシーな柑橘類。糖度は約11%ほどですが、ほどよい酸味の効いた「苦味のない日本版グレープフルーツ」のような味わいが特徴です。

愛南町に河内晩柑が伝えられたのは昭和46年のこと。寒さには大変弱く、寒波には耐えられないこの品種は、愛南町の温暖な気候に大変マッチしました。

愛南ゴールドの食べごろは4月から6月。日に日に暑さを増してくるこの時期に、冷蔵庫で冷やして召し上がれば、心地よい甘さと爽やかな酸味が体に隅々まで行き渡ることでしょう。

また、愛南ゴールドのジュースも大変おすすめです!果物同様、ほどよい甘さと爽やかな酸味の利いたジュースは、お子さまだけでなく、大人の方もおいしく召し上がっていただけます。

写真:愛南ゴールド1

写真:愛南ゴールド2

お土産に愛南ゴールドはいかがですか?

季節になれば、愛南ゴールドは直売所や道の駅で販売されています。また、果物だけでなく、愛南ゴールドを使ったジュースやアイスクリームもおすすめです!

台湾の高級スーパー「裕毛屋」に輸出しています

平成27年度から、県・市町連携プランで位置付けられている台湾との交流拡大の取組みとして、台湾の付加価値創造型の高級スーパー「裕毛屋」において、愛南ゴールドの販売プロモーションを実施しています。
今後とも、爽やかな風味と国産かんきつが手薄となる初夏に、愛南ゴールドのブランド力の向上と販路拡大を目指し、裕毛屋での販売促進活動を展開していきます。

写真:裕毛屋での販売促進の様子

写真:裕毛屋での販売促進の様子

愛南ゴールド(河内晩柑)の食べ方等について、更に詳しく知りたい方は、あいなん農林業ネット「愛南ゴールド(愛南町産の河内晩柑「かわちばんかん」)について公表します」をご覧ください。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:商工観光課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る