くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 町政情報 > 町の概要 > 町の木、花、魚、鳥

このページを印刷する

町の木、花、魚、鳥

愛南町では、平成17年8月に町の木、花、魚、鳥を制定しました。
 

町の木 ウバメガシ

ウバメガシ

強い萌芽力を持つ海岸性の常緑樹で、愛南町全域に群生し、備長炭の原料としても徴用される木です。急斜面で保水力が低く大変厳しい場所でも自生し、ひたすら強い潮風にも耐え根を張る姿は、「愛南町の力強さ」をイメージできます。

町の花 アケボノツツジ

アケボノツツジ

ツツジとしては非常に大型で高さ5m、幹の直径が30センチメートルにも及びます。標高1,000m以上の山地の崖地に自生し、鮮やかで美しい桃色の花を咲かせます。豊かな自然の象徴であり、アケボノという語句からも「愛南町の躍進」をイメージできます。

町の魚 カツオ

カツオ

春から夏にかけて黒潮に乗って北上し、秋から冬になると南下する回遊魚です。県下一の水揚げ基地である深浦港は全国的にも有名で、美しく勇壮な姿と活きにこだわるおいしさは、「愛南町の活力」をイメージできます。

町の鳥 メジロ

メジロ

体は全体的に黄緑色をしており、その名のとおり、目のまわりが白く縁取られています。愛南町全域に生息し、木の花の蜜が大好きで、良く私たちの目の前にも現れ、そのさえずりと姿は愛らしく、「愛南町の優しさ」をイメージできます。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:総務課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る