くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 健康・医療・福祉 > 子育て > 保育所・保育サービス > 平成30年度保育所入所申込みについてお知らせします

このページを印刷する

平成30年度保育所入所申込みについてお知らせします

保育所とは

保護者が働いていたり、病気等の理由で日中家庭でお子さんを保育することができないとき、保護者にかわって保育できる人がいない家庭のお子さんをお預かりする施設です。
幼稚園とは違い、就学前の教育や集団生活に慣れさせるため等の理由では、保育所に入所することはできません。保育が必要でなくなったときは、保育所を退所していただくことになります。

保育所に入所できるお子さんは

保護者が保育所入所の基準に該当して、日中保育することができない場合です。平成27年度から保育所、幼稚園に入所するときは、入所申込の前(同時)に「支給認定」を受ける必要があります。

入所の申込みは

  • 4月の一斉入所については、11月中旬に入所希望の保育所で受付します。
  • 年度途中の入所申込みは保健福祉課で随時受付します。
  • 入所日は、申込書が提出された日以降、町長が決定した日としますが、入所日は原則として毎月の初日からです。入所を希望する月の前月の10日までに申込みしてください。

入所申込申請書等

  • 支給認定(現況届)申請書兼保育施設入所申込書
  • 家庭の就労状況調査表

申込み添付書類

  • 就労を理由に保育所への申込みをされる方は、就業証明書が必要です。
  • その他世帯の状態や家族の構成・申込理由等によって必要となる書類が異なることがあります。詳しくは愛南町役場保健福祉課(電話番号:0895-72-1212)までお問合せください。

参考までに各種様式を関連ファイルのとおり掲載しています。

保育料は

保育料は世帯の直近の父母(扶養義務者)の町民税額により4月〜8月分を4月に、9月〜3月分を8月に決定します。保育所入所後は、登所の有無にかかわらず、在籍中の保育料はお支払いいただきます。
次のような場合は、保育料が変わる場合がありますので、必ず愛南町役場保健福祉課へ届け出てください。

  • 当初の町民税が変わったとき(確定申告や修正申告をしたとき)
  • 家庭の事情等が変わったとき(再婚・離婚等)

保育所入所の基準

1 家庭外労働 保護者が家庭外で仕事をするため保育できない場合
家庭内労働 保護者が家庭内で日常の家事以外の仕事をするため保育できない場合
2 妊娠・出産 母親が出産前後で保育できない場合(産前6週産後8週の入所)
3 疾病・障がい 保護者に病気または障がいがあり保育できない場合
4 介護等 保護者が病人または障がい者(児)の介護をしており保育できない場合
5 災害復旧 火災、風水害、地震等の災害により家屋の復旧にあたっている場合
6 求職活動 保護者が求職活動を行う場合(3か月間の入所)
7 就学 保護者が就学により保育できない場合
8  虐待・DV  虐待・DV等により、児童の保育ができない場合
9 育休中の継続入所 育児休業を利用する場合で、引き続き教育・保育施設を利用することが必要と認められた場合
10 その他 上記1〜9に類する状態と町が認めた場合

関連ファイル

関連リンク

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:保健福祉課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る