観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 日光、月光菩薩像並びに十二神将像

このページを印刷する

日光、月光菩薩像並びに十二神将像

日光、月光菩薩像並びに十二神将像

歴史・文化

町指定文化財 美術工芸品

熊野大社に仕えていた地区の旧家に伝わるものであったが、明治末頃広見地区に寄進され薬師堂に祀られた。江戸中期を下らない製作と考えられる。

仏教における薬師如来の脇侍として、日光菩薩は左脇に、月光菩薩は右脇に侍し、薬師三尊を構成している。
また十二神将は、仏教の信仰の対象である天部で、また護法善神である。薬師如来の12の大願に応じて、昼夜の12刻を保護するといい、そのため十二支が配当されている。

写真:日光・月光菩薩像
日光・月光菩薩像

写真:十二神将(子~巳)
十二神将(子~巳)

写真:十二神将(午~亥)
十二神将(午~亥)

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る