観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 安住寺五輪塔

このページを印刷する

安住寺五輪塔

安住寺五輪塔

歴史・文化

町指定文化財 石造美術

長月にある安住寺の墓地の五輪塔は、町内では最大級で、五輪塔として整っており、類例をみない見事さである。
石質は花崗岩で、高さ2m、地・水・火・風・空の五大をあらわす様式が完全で、破損らしい箇所もない。しかも東西南北の碑面には、梵字が彫られ、地輪には 法名を中心に右端上部にその出自がみられ、左端には施主の名を留め、建立の年記までそろった典型的なものである。
碑文には法名「月清妙円信女」とあり、蕨岡元次郎の娘、寛文2年9月22日遠山左兵衛藤原信成が供養主として、この塔を建立したとある。
町内に出土しない花崗岩を使用した墓石は、御庄領主の姫君のものとの伝説をうんでいる。

安住寺五輪塔

安住寺五輪塔

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る