観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 老大木柏槙

このページを印刷する

老大木柏槙

老大木柏槙

歴史・文化

町指定文化財 天然記念物

ビャクシンは、本州・四国・九州に広く分布するヒノキ科の常緑高木から大型低木である。雌雄異株で、葉は短く茎に密着し、互いによりあって葉の付いた枝は棒状の外見を持つ。海岸の岩場などに生育し、大木になると、幹がねじれたようになるのが特徴である。

永ノ岡の金光寺境内、庫裏の南側にあり、根回り6m目通り5.3m、樹幹は地上2.5mのところで分かれ、二幹となっている。それぞれの幹の周囲は4mと3.5mで、地上7mまで立ち上がり、そこから枝を傘のように四方に広げている。

樹高は約16m、樹勢よく樹冠の広がりは東西約17m、南北18mである。樹齢は約500年と推定され、金光寺が開基の頃に植えられたものと伝えられている。

老大木柏槙

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る