観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 御荘三歌人二神永世の墓

このページを印刷する

御荘三歌人二神永世の墓

御荘三歌人二神永世の墓

歴史・文化

町指定文化財 史跡

二神永世は、寛政2年(1790)、城辺村庄屋二神の分家堀舎に生まれ、佐太郎、秀平、のち重兵衛と改める。諱は綱定と言う。

和漢の学に通じ書も巧みで、常嶋とは隣家で最も親しく、本居大平の門人録にも共に名を連ねている。自著に「永世歌集」がある。

嘉永7年(1854)、65歳で病没、墓所は長野少林寺にある。

御荘三歌人二神永世の墓

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る