観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 法華寺遺跡

このページを印刷する

法華寺遺跡

法華寺遺跡

歴史・文化

町指定文化財 史跡

法華寺遺跡は、標高40mのなだらかな南向きの丘陵地で、平城平野を一望できる小高い丘にあり、もと山王社(日枝神社)があった跡に、昭和7年建立された法華寺の敷地に存在する。

この遺跡は、昭和初年ごろから調査研究がなされていたが、昭和34年の調査により、多くの石器や弥生式土器などが発見されている。また、弥生前期の完全な形の土器も出土している。

資料のなかには、弥生前期から後期におよぶ土師器の破片などがあり、縄文晩期に属する土器片なども見られることから、これらに関連する複合遺跡であることが分かる。

法華寺遺跡1 法華寺遺跡2

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る