観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 奉納歌額

このページを印刷する

奉納歌額

 奉納歌額

歴史・文化

町指定文化財 有形民俗文化財

この額は、八幡神社に奉納された縦79㎝横2.12m、松の一枚板の歌額である。

「願主、二宮如水藤原綱重」とある。如水とは御荘三歌人の一人で、深浦にあった外海浦庄屋で、通称は市右衛門といい如水というのは号で、いとこにあたる二宮敬作(如山)とのつながりがあってのものといわれる。

額の奉納の年月日は不詳であるが、彼が歌に親しんだのは30歳前後とされ、その師は、本居大平の弟子、宍戸大瀧である。大瀧は深浦の番所に赴任しているところから、その影響を受けて歌の道に入ったと思われる。

歌数22首で作者11人となっている。読人には綱重をはじめ、岡原常備、重基、小西泰次、尾崎政苗、宍戸広嗣、柿島恒利、上原春風、大和田みち子らが記されている。

綱重は明治になって姓を小幡に改め、広見村の庄屋もつとめている。

奉納歌額

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る