観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 僧都の一里塚

このページを印刷する

僧都の一里塚

僧都の一里塚

歴史・文化

町指定文化財 史跡

藩政時代の一里塚跡である。

公式には、2代将軍秀忠の慶長9年(1604)から、江戸日本橋を起点に、主な街道へ1里(4km)ごとに里程標として塚を築かせ、一里塚とし、後には榎などの木を植えさせた。(残っているものは国の史跡)実際には、街道の両側に植えられるのが本来の姿である。

宇和島藩でも、第2代藩主宗利の寛文12年(1672)に、一里塚に松を植えさせた。宿毛街道(御巡検街道ともいう)の要地、僧都の一里塚に植えたのが二本松であった。

二本松は、いずれも甲乙つけがたい2本の黒松で、地上7mで二つに分かれている。東から見て、右が根回り7.5m、目通り4.7m、左は根回り8.1m目通り6m、樹高は30m位、樹齢315年であった。

昭和53年、松くい虫の被害がみられ、年数回薬剤注入による防除を行ってきたが、ついに昭和62年枯死し、天然記念物を解除、伐採した。現在は、伐採後の切り株から新たな松が成長している。

僧都の一里塚

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る