観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 岩水のオガタマノキ

このページを印刷する

岩水のオガタマノキ

岩水のオガタマノキ

歴史・文化

町指定文化財 天然記念物

オガタマノキは、モクレン科の常緑高木で暖地に自生する。葉は倒卵状楕円形でやや肉厚の革質、表面には強い光沢がある。2~4月にかけて芳香の強い直径3cmの帯黄白色の花を、枝の先端近くの葉の付け根の上側につける。通常樹高は10~15mの高木であるが、樹齢数百年を経た木には20m以上に達するものも少なくない。和名は神道思想の招霊(おぎたま)から転化したものといわれ、神霊を招く樹ということで、「招霊樹」と名付けられ神木とされる。

岩水のオガタマノキは、「かしこき谷」にあり、根回り3m目通り3mあり、二本立ちになっている。

樹高は20m余り、樹齢200年以上とみられ、県下最大のオガタマノキである。

またオガタマノキは、珍蝶ミカドアゲハ(幼虫)の食草としても知られている。ミカドアゲハは熱帯系の美しい、個体数の少ない蝶であり、チョウ目としては唯一、高知市のミカドアゲハ及びその生息地(3箇所)が国の特別天然記念物に指定されている。

オガタマノキ

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る