観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 延命寺地蔵菩薩像・地蔵庵地蔵菩薩像

このページを印刷する

延命寺地蔵菩薩像・地蔵庵地蔵菩薩像

延命寺地蔵菩薩像・地蔵庵地蔵菩薩像

歴史・文化

町指定文化財 彫刻

天保6年(1835)延命寺由緒によると、寛永13年(1636)休誉良説和尚が四国巡錫の途中、延命地蔵尊の霊夢により堂宇を建立し、海かい立山延命寺地蔵院と号した。当初延命地蔵尊を本尊としていたが、後に阿弥陀如来を本尊とし、地蔵菩薩像は秘仏として尊信されている。延命寺の地蔵は檜の寄木造で、像高86センチメートル肩幅36.7センチメートルでかなり深い刀法が見られる。玉眼嵌入の手法をとり、わずかに微笑した口元、新月を思わせるような眉など整った仏顔が美しい。専門家の鑑定では鎌倉期の作とされ、地方の地蔵菩薩像としては傑作である。

地蔵庵(延命山地蔵寺)の本尊子安地蔵像は、像高60センチメートルの立像で、一木造、粗彫で、目は大きく見開いた形になっている。現在は黒色で、形よく整い品位がある。専門家の鑑定では、江戸初期の作であるといわれている。
地区の言い伝えによると、嵐のあとで、高畑の地蔵ヶ浦に打ち寄せられた地蔵を背負い、隣の赤水地区に運ぼうとしたが、急に重くなり動けなくなった。そこで村人たちは、「このお地蔵さまは、高畑が好きなのだろう」と考えて、現在の場所に祀ったものといわれている。

地蔵庵の地蔵も、延命寺同様秘仏とされ、延命寺は30年に一度、地蔵庵は60年に一度開帳される。

写真:延命寺地蔵菩薩像
延命寺地蔵菩薩像

写真:地蔵庵地蔵菩薩像
地蔵庵地蔵菩薩像

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る