観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 梶郷駄馬遺跡

このページを印刷する

梶郷駄馬遺跡

梶郷駄馬遺跡

歴史・文化

町指定文化財 史跡

梶郷駄場からルヴァロア型(亀の甲型)の旧石器らしいものが採取され、新聞に報道され注目された。大久保ダムの通用路予定地のため昭和51年7月、愛媛県教育委員会が発掘調査をした結果、縄文前期前半の遺跡と判明した。

調査報告書によると、旧石器ルヴァロア型に似た石器を含む層からは、縄文前期の中津川式1、2類の土器が共に出て約6000年前の遺跡であると確認された。

この遺跡からは、多様な石材の石鏃、石斧及び石核にくわえ土器片も多量に出た。
また、瀬戸内式ナイフ形の旧石器も出土している。

梶郷駄馬遺跡1 梶郷駄馬遺跡2

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る