観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 戸たてずの楠

このページを印刷する

戸たてずの楠

戸たてずの楠

歴史・文化

町指定文化財 天然記念物

正木にある二本のクスの大木は「戸たてずの楠」と呼ばれ、旧正木村庄屋蕨岡家の庭にあり、幹の周囲はいずれも8m、樹齢推定700年といわれ、樹相の美しさは県下に数多くないといわれている。

篠山権現の神霊が最初にこの木に飛来したとされ、蕨岡家はその神霊の加護によって代々富み栄えたという伝説がある。これにより、戸たてずの庄屋の名はクスの大木と共に有名になった。

戸たてずの楠

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る