観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 大島の樹林

このページを印刷する

大島の樹林

大島の樹林

歴史・文化

県指定文化財 天然記念物

御荘湾にある大島は、周囲650m、海抜25m、面積約1.4ヘクタールの小さい島である。
この島には、温帯性及び亜熱帯性植物が自然のままで生い茂り、島全体が一群の照葉樹林を形成しており、植物の種類は約200種にも及ぶ。
スダジイがもっとも多く、アコウ、ホルトノキ、ヤマモガシ、ハマビワ、ミミズバイ、タブノキなどがあり、密林をなしている。樹下にはマツバラン、フウトウカズラなど珍しい植物も存在する。その他、つる性植物にはツタ、サカキカズラ、ムベなどが樹間を縫っている。
南予地方に残された数少ない自然林であり、御荘湾内に美しい景観をそえている。

大島の樹林

地図

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る