観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 緑の千人塚

このページを印刷する

緑の千人塚

緑の千人塚

歴史・文化

町指定文化財 史跡

緑の智恵光寺にある五輪塔群で、天正11年(1583)土佐長宗我部軍の御庄侵入による緑城の戦いの戦死者の墓を集めたものだといわれている。

また藩政期の大洪水で水死した人々の墓だという説もあるが、百姓はその当時、五輪塔は建てなかった。

五輪塔は、花崗岩で、大きいものは117㎝あり、以前は、形の不揃いのものまで入れると115基存在していたが、現在は50基程度を残すのみとなっている。五輪塔は下から地・水・火・風・空の五大を、それぞれ四角・円形・三角・半月・団形で表し、仏教思想にもとづき、平安時代にわが国で創始されたものである。墓標とされたのは鎌倉時代からである。

緑の千人塚

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る