観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 銅造誕生釈迦仏立像

このページを印刷する

銅造誕生釈迦仏立像

銅造誕生釈迦仏立像

歴史・文化

県指定文化財 工芸品

この像は、昭和10年ごろ、平城の山王社(法華寺)付近から出土し、白鳳時代7世紀の作品と確認されている。

像高11.1㎝で、上方にあげる右手の大半を失い、両足は裳の下方の一部を残して欠失しているが、現存する彫刻面は、製作時の形をよく伝えている。

頭髪は、螺髪を無文のままとし、頭部は体躯にくらべ、かなり大きく、目鼻立ちは、タガネを入れてはっきりと刻み、仰月形の口元は古式の微笑をうかべるかに見える。

体はかなり細身で、よく引き締まっており、裳はその上端を紐でくくり結び目を立てている。細身の体にふさわしく襞を直線的に簡明にあらわし、光背用の枘が大きいなど古い形を残している。

銅造誕生釈迦仏立像

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る