観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 城辺下組の唐獅子

このページを印刷する

城辺下組の唐獅子

城辺下組の唐獅子

歴史・文化

町指定文化財 無形民俗文化財

城辺下組の唐獅子は、荒獅子とも呼ばれるもので、蝶(テガイ子=太鼓打ち)に誘われて寝獅子が起きてあがり踊りだすものである。

この唐獅子は、昭和18年頃幡多郡大月町竜ケ迫から城辺に教えに行ったと土佐の記録に残っており、また竜ケ迫のものは内海家串の人に習い、家串の荒獅子は 土佐中村から伝えられたという言い伝えが残っているところからも、家串のものと城辺下組のものが似かよっていても不思議ではない。

城辺下組の唐獅子

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る