観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 樽見英明学校印

このページを印刷する

樽見英明学校印

樽見英明学校印

歴史・文化

町指定文化財 歴史資料

明治6年に発足した樽見英明学校の校印である。材は桜で、縦・横各6センチメートル、高さ3センチメートルである。明治5年に発布された学制によって創設された学校で、現在も残っている唯一の校印である。
当時の学校の修業年限は4年間で、1級から8級までに分かれ、各級それぞれ6ヵ月で進級するというもので、成績優秀なものは、その期間を待たずに進級する ことができた。種別は下等科で、学級編成は単級(全校1学級)、教科目は主として読み方、書き方、算術を修学した。
当時、樽見部落は船越部落から分かれて、部落づくりに励んだ苦難の時代であったにもかかわらず、いち早く学校を造った。その先見性と苦労をしのび大切に保存してきたものである。

樽見英名学校印

樽見英名学校印

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る