観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > ヤマモミジ

このページを印刷する

ヤマモミジ

ヤマモミジ

歴史・文化

町指定文化財 天然記念物

ヤマモミジは、カエデ科の落葉高木で、本州中部以北の山地に自生する。葉は手のひら状に七~九つに裂けていて、縁にぎざぎざがあり、秋に紅葉する。花は春に咲き、紅色をしている。

この木は、地元住民にヤマモミジとして親しまれているもので、根回り3.8m目通り3.5mあり地上約3mのところで5本に分枝し、樹勢もよい。見事な枝張りと体躯の美しさから町内を代表する木である。

紅葉の時期には、周囲の常緑樹の中で一際赤く映え、すばらしい景観を形成している。

しかしヤマモミジの自生は、県下で確認されておらず、イロハモミジではないかとの説があり、今後詳細調査を実施する必要がある。

ヤマモミジ

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る