観光情報TOP
観光スポット
イベント情報
おすすめプラン
愛南町のご案内
くらしの情報

トップ > 観光 > 観光スポット > 歴史・文化 > 若宮神社狛犬一対

このページを印刷する

若宮神社狛犬一対

若宮神社狛犬一対

歴史・文化

町指定文化財 工芸品

中浦の若宮神社に奉納されている焼物製の狛犬である。高さ80㎝横幅35㎝、前後幅60㎝、双方ともに前足部分が10㎝ほど失われている。
製作は江戸期と思われるが、詳細は不明である。長い間、戸外に置かれていたため、かなり傷みがみられる。体は酸化銅を使った釉薬により深い緑色に、たてがみと尾は酸化鉄の釉薬で黄茶色に色付けされていて、釉薬も鉛白を主に使ったものと思われる。
像の造りが肉厚であることと、焼成温度が低いことにより像の内部の粘土は焼きしまっていない。
狛犬の阿吽の表情や、体たい躯くの筋肉の盛り上がり、たてがみや尾など、その造りは細かく丁寧である。陶製の狛犬は珍しい。

写真:若宮神社狛犬 写真:若宮神社狛犬

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:生涯学習課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-73-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る