くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 産業・ビジネス > 農林業 > 担い手情報 > 青年就農給付金(経営開始型)についてお知らせします

このページを印刷する

青年就農給付金(経営開始型)についてお知らせします

愛南町では、持続可能な力強い農業の実現に向け、青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、経営の不安定な就農初期段階の青年就農者を支援する「愛南町青年就農給付金事業」を実施しています。

給付対象者の要件

  1. 独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を有していること。
  2. 次に掲げる要件を満たす独立・自営就農であること。
    • (1)農地の所有権又は利用権を給付対象者が有していること。ただし、親族から貸借した農地が主である場合は、給付期間中に当該農地の所有権を給付対象者に移転することを確約すること。
    • (2)主要な農業機械・施設を給付対象者が所有し、又は借りていること。
    • (3)生産物や生産資材等を給付対象者の名義で出荷・取引すること。
    • (4)給付対象者の農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を給付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理すること。
    • (5)給付対象者が農業経営に関する主宰権を有していること。
  3. 認定新規就農者であること(愛南町で青年等就農計画の認定を受けた者であること。)。
  4. 青年等就農計画が次に掲げる基準に適合していること。
    • (1)農業経営を開始して5年後までに農業(農業生産のほか、農産物加工、直接販売、農家レストラン、農家民宿等関連事業を含む。)で生計が成り立つ計画であること。
    • (2)計画の達成が実現可能であると見込まれること。
  5. 経営の全部又は一部を継承する場合は、継承する農業経営に従事してから5年以内に継承して農業経営を開始し、かつ給付期間中に、新規作目の導入、経営の多角化等経営発展に向けた取組を行い、新規参入者と同等の経営リスクを負って経営を開始する青年等就農計画等であると町長に認められること。
  6. 人・農地プランに中心となる経営体として位置づけられ、又は位置づけられることが確実と見込まれること、あるいは公益財団法人 えひめ農林漁業振興機構から農地を借り受けていること。
  7. 原則として生活費の確保を目的とした国の他の事業による給付等を受けておらず、かつ、原則として農の雇用事業による助成を受けたことがある農業法人等でないこと。
  8. 原則として一農ネット(青年新規就農者ネットワーク)に加入していること。
  9. 平成21年4月以降に農業経営を開始した者であること。

給付金額及び給付期間

  1. 給付金の額は、経営開始初年度は、給付期間1年につき1人当たり150万円を給付し、経営開始2年目以降は、給付期間1年につき1人当たり350万円から前年の総所得(農業経営開始後の所得に限り、給付金を除く。)を減じた額に3/5を乗じて得た額(1円未満は切捨て)を給付する。ただし、前年の総所得が100万円未満の場合は150万円を給付する。また、給付期間は最長5年間(平成25年度以前に経営を開始した者にあっては、経営開始後5年度目分まで)とする。
  2. 夫婦で農業経営を開始し、次に掲げる要件を満たす場合は、給付期間1年につき夫婦合わせて1.の額に1.5を乗じて得た額(1円未満は切捨て)を給付する。
    • (1)家族経営協定を締結しており、夫婦が共同経営者であることが規定されていること。
    • (2)主要な経営資産を夫婦で共に所有していること。
    • (3)夫婦共に人・農地プランに位置づけられた者等となること。
  3. 複数の青年就農者が農業法人を設立し、共同経営する場合は、当該青年就農者に給付期間1年につきそれぞれ1.の額を給付する。
    なお、経営開始後5年以上経過している農業者が法人を経営する場合は、給付の対象外とする。

給付停止の要件

  1. 給付対象者の要件を満たさなくなった場合。
  2. 農業経営を中止した場合。
  3. 農業経営を休止した場合。
  4. 給付期間内及び給付期間終了後3年間、毎年7月末及び1月末までにその直前の6か月の就農状況報告を行わなかった場合。
  5. 就農状況の現地確認等により、適切な農業経営を行っていないと町が判断した場合(青年等就農計画等の達成に必要な経営資産を縮小した場合、耕作すべき農地を遊休化した場合、農作物を適切に生産していない場合、農業生産等の従事日数が一定(年間150日かつ年間1,200時間)未満である場合、町から改善指導を受けたにもかかわらず、改善に向けた取組を行わない場合など)。
  6. 給付対象者の前年の総所得が350万円以上であった場合(その後、350万円を下回った場合は、翌年から給付を再開することができる。)。

その他

愛南町では、年間2回程度の事業説明会を開催しています。
なお、次回の説明会は、平成27年4月〜5月頃に予定しています。

詳しい内容をお知りになりたい場合や、ご不明な点がある場合は、お気軽にお問合せください。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:農林課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る