くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 産業・ビジネス > 農林業 > 森林開発 > 伐採及び伐採後の造林の届出制度についてお知らせします

このページを印刷する

伐採及び伐採後の造林の届出制度についてお知らせします

森林の伐採には届出が必要です。

「自分の山の木なら自由に伐っていい。」このように思っている森林所有者の方はいらっしゃいませんか?たとえ自分の山でも、森林を伐採するときは、事前に届出をすることが法律で義務づけられています。

届出が必要な訳は?

愛南町森林整備計画に添った適切な施業を行うことで、地域の期待にも応えられる健全で豊かな森林を造ることができます。この制度は、森林の伐採がこの計画に従って適切に行われるように、届出をしていただくものです。それと同時に、森林の大切な働きを失うことのないように、伐採跡地への造林計画を届け出ることも義務づけられています。また、あわせて愛南町内の森林資源を把握するという大切な役割もあります。

どんな森林が対象?

届出の対象となる森林は、保安林と保安施設地区を除く民有林(地域森林計画の対象森林)です。自分の所有する森林でも届出は必要です。

届け出る内容は?

伐採面積、伐採期間、伐採の方法、伐採後の造林樹種、伐採後の造林方法等。
届出書の様式が決まっていますので、次の様式に記入していただき、役場本庁農林課又は各支所まで提出してください。

どんな時でも届出は必要なの?

森林(竹林を除く。)を伐採をする場合は、原則として事前の届出が必要です。ただし、林地開発の許可を受けた森林を伐採する場合は、届出の必要はありません。森林施業計画に基づいた伐採の場合には、事後に届出ができます。

誰が届けるの?

届け出るのは、立木の伐採についての権限を持つ方です。例をあげると次のとおりです。

  1. 森林所有者が自分で伐採するときは森林所有者が届出をします。
  2. 伐採業者などが森林所有者から山林の立木を買い受けて伐採するときは、買い受けた方又は森林所有者が届出をします。
  3. 森林所有者が使用人を雇用して伐採したり、請負によって伐採するときは、森林所有者が届出をします。
     

届出の時期は?

伐採を始める90日〜30日前までです。

提出先は?

伐採する森林がある市区町村役場です。

伐採及び伐採後の造林の計画の変更・遵守命令って?

伐採及び伐採後の造林の計画の伐採面積、伐採方法、伐採齢、伐採後の造林の方法、期間又は樹種などが愛南町森林整備計画に適合しないと認められる場合、あるいは届け出た計画に従って伐採や造林を行っていないと認められる場合に、愛南町長は届け出た者に対し計画の変更や計画の遵守を命じる場合があります。

 届出をしない場合は?

罰則があります。無届けの場合や、変更命令、遵守命令に従わない場合には、森林法第207条により30万円以下の罰金に処せられる場合があります。
なお、詳しいことは、農林課及び各支所までお問合わせください。

関連ファイル

伐採及び伐採後の造林届出書エクセルファイル(61KB)

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:農林課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7311

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る