くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期予防接種についてお知らせします

このページを印刷する

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期予防接種についてお知らせします

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて

厚生労働省の勧告(注)に基づき、平成25年6月14日から、子宮頸がん予防(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチン接種の積極的勧奨を差し控えています。
ただし、接種を中止するものではないので、希望する方は、定期予防接種として接種を受けることができます。
厚生労働省作成のリーフレットをお読みいただき、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解した上で、接種についてご判断するようお願いします。
(注)平成25年6月14日付けで「ワクチンとの因果関係を否定できない副反応(持続的な疼痛(とうつう))がHPVワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」旨の勧告が出されました。

対象者

小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子

接種回数

HPVワクチンには2種類あります。同じワクチンで3回の接種を受けます。

接種希望の方は

事前にご連絡ください。
副反応の説明をした上で、予診票を渡します。

連絡先

  • 愛南町役場本庁保健福祉課(電話番号:0895-72-1212)
  • 城辺保健福祉センター(電話番号:0895-73-7400)

ヒトパピローマウイルス感染症とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50パーセント以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

ワクチン接種の効果

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。

副反応について

接種後に見られる主な副反応として、発熱や接種した部位の痛みや腫れ、注射による痛み、恐怖、興奮などをきっかけとした失神などが挙げられます。
まれに起こる重い症状の副反応として、呼吸困難、じんましんなどを症状とする重いアレルギー症状、両手・足の力の入りにくさなどを症状とする末梢(まっしょう)神経の病気、頭痛、嘔吐(おうと)、意識の低下などを症状とする脳などの神経の病気などがあります。

詳しくはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

厚生労働省リーフレット

子宮頸がんリーフレット画像

子宮頸がんリーフレット画像

子宮頸がんリーフレット画像

子宮頸がんリーフレット画像

関連ファイル

関連リンク

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:保健福祉課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る