くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 産業・ビジネス > 入札・契約 > 入札制度 > 郵便入札制度についてお知らせします

このページを印刷する

郵便入札制度についてお知らせします

郵便入札制度の概要は以下のとおりです。

  1. 郵便入札の対象
  2. 設計図書の閲覧、貸出
  3. 質疑及び回答
  4. 郵便入札方法
  5. 開札(立会人、傍聴)
  6. 郵便入札心得
  7. 入札の辞退
  8. 入札の無効
  9. その他

1.郵便入札の対象

予定価格を事前公表する競争入札(物品以外)について、原則郵便入札を実施します。

2.設計図書の閲覧、貸出

設計図書の閲覧は、事業担当課において実施します。なお貸出しは、1時間程度とします。閲覧開始直後は、貸出しが集中しますので、貸出設計書の有無を事業担当課に電話で確認してください。

3.質疑及び回答

一般競争入札の場合

設計図書の質疑は、指定した日までに事業担当課へ持参またはファクスしてください。質疑が無い場合は連絡の必要はありません。回答は、事業担当課または愛南町役場ホームページで閲覧してください。

4.郵便入札方法

(1)提出の方法

入札の方法は、到着期限(入札執行通知に記載)までに、「一般書留」または「簡易書留」のいずれかの方法(特定記録郵便は認めない)により、愛南町城辺郵便局留めで郵送してください。 なお、開札が終わるまで、差出控えを必ず保管してください。

(注意)

  • 上記以外の方法(普通郵便、持参)で提出された入札書は無効とします。
  • 直接郵便ポストに投函することはできません。
  • 提出された入札書は、書き換え、引き換えまたは取り消しすることはできません。

(2)封筒について

郵便入札封筒は2重封筒とし、入札書を内封筒に入れ、郵送してください。封かんは、しっかり糊付けし(セロテープは不可)、町に届け出ている代表者印で封印してください。 封筒の記載例は、別紙のとおりです。

外封筒の記載

【表】
「入札書在中」を朱書きで表記
住所・宛先:798-4131 城辺郵便局留 愛南町役場 企画財政課入札係 行

【裏】
開札日、入札番号、工事(業務)名、入札参加者の氏名

内封筒の記載

【表】
開札日、入札番号、工事(業務)名、入札参加者の氏名

【裏】
代表者印で封印(3箇所、糊しろがサイドの場合は上下2箇所)

(注意)

  • 封筒は、1件の入札につき1通限りです。
  • 入札書を封筒に2枚入れた場合や、封筒に記載された工事名と同封の入札書に記載されている工事名が異なる場合は、無効になります。

(3)郵送開始日について

入札書の郵送開始日は、到着期限の10日前とします。

(注意)

  • 郵送開始日より早く郵送した場合は、指定郵便局の保管期間が10日ですので、郵便局が郵便物(入札書)を差出人に返却し、その入札書は無効になります。

(4)到着期限について

入札執行通知に記載した到着期限を遵守してください。到着期限後指定郵便局に届いた入札書は、無効になります(当日の消印は、有効ではありません。) 。

(注意)

  • 到着期限とは、指定した郵便局(城辺郵便局)に届く期限になります。郵便事情により、通常の配達期間では届かない場合も考えられるので、予め手続きをする郵便局に到着期限までに届くための差出期限を確認して、時間に余裕を持って投函してください。
  • 入札書等の到着の有無の問い合わせには一切対応できません。郵便物の配達状況は、郵便物の受領書に記載されている引き受け番号によって、郵便局ホームページで確認することができます。

(5)入札書の日付について

入札書の日付は、「開札日」の日付を記入してください。

(注意)

  • 入札書を投函する日ではありませんので、注意してください。

5.開札(立会人、傍聴)

開札(立会人、傍聴)は、次のとおりとします。

(1)同価格の入札者が2人以上ある場合

同価格の入札者が2人以上ある場合は、速やかにくじを引く日(通常は開札日の翌日)を決定し、当該入札した者(代理人の場合は、委任状が必要)を招集し、くじにより落札者を決定しますので、担当者は、開札日に連絡を受けられる体制を整えておいてください。参集できない場合は、入札に関係のない職員が代わりにくじを引いて、落札者を決定します。

(2)落札者への連絡

落札者を決定したときは、落札者に電話で連絡します。結果は、愛南町役場ホームページに掲載しますので、ご覧ください。

(3)開札の傍聴

先着20人は、開札の状況を傍聴できます。

6.郵便入札心得

郵便入札心得は、次のとおりです。入札に参加される方は、熟読してください。

7.入札の辞退

入札を辞退する場合は、到着期限までに「入札辞退届」を持参または郵送により提出してください。入札書を投函後入札を辞退する場合は、開札までに「入札辞退届」を企画財政課に直接持参してください。

8.入札の無効

次のいずれかに該当する入札は、無効となりますので、郵送前に十分ご確認のうえ、郵送してください。

  1. 競争入札参加資格の無いもののした入札
  2. ひとつの入札について同一の者が2通以上の入札書を提出した入札
  3. 入札書に記名押印を欠く入札(委任状を同封しての複代理人による入札はできません。)
  4. 金額を訂正した入札
  5. 予定価格を超える金額を記載した入札
  6. 誤字、脱字等により意思表示が不明瞭である入札
  7. 「一般書留」または「簡易書留」以外の方法(特定記録郵便は認めない)で入札書を提出した入札
  8. 積算内訳書が必要な場合に、積算内訳書を同封しない入札
  9. 到着期限を過ぎて到着した入札
  10. 郵便入札封筒記載の工事(業務)名と入札書の工事(業務)名が相違する入札
  11. 郵便入札封筒に工事(業務)名または差出人名が記載されていない入札
  12. 明らかに不正による入札と認められる入札
  13. その他入札に関する条件に違反してなされた入札

9.その他

上記のほか、入札執行通知および郵便入札心得を熟知し、入札書を郵送してください。入札書を投函する前に、必ずチェックシートにより、確認してください。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:企画財政課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7317

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る