くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 補装具費支給制度についてお知らせします

このページを印刷する

補装具費支給制度についてお知らせします

補装具費の支給

身体障害者手帳をお持ちの方に、障がいの内容・程度に応じて、車いす、義肢、眼鏡、補聴器等の補装具の購入・借受け・修理にかかる費用について、支給を行います。

補装具の種類(令和3年4月1日現在)

視覚障害

盲人安全杖・義眼・眼鏡(矯正用、遮光用、コンタクトレンズ、弱視用)

聴覚障害

補聴器(高度難聴用・重度難聴用、ポケット型、耳かけ型・耳あな型、骨伝導式等)

肢体不自由

義肢(義手・義足等)、装具(上肢・下肢・体幹・靴型等)、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえ

肢体不自由(児童のみ)

座位保持いす、起立保持具、頭部保持具、排便保持具

心臓機能障害・呼吸器機能障害

車いす・電動車いす・歩行器・歩行補助杖(一本杖を除く)

肢体不自由および音声・言語機能障害

重度障がい者用意思伝達装置

注意事項

  • 支給対象は、障がい内容・程度によって異なります。
  • 補装具には、それぞれ給付の限度となる金額が定めれらています。
  • 心臓機能障害・呼吸器機能障害の方への支給は、障がいにより歩行に支障を及ぼす場合に限ります。

自己負担について

補装具支給・修理にかかる費用の1割が自己負担になります(ただし、負担上限額の設定有り。)。また、障がい者本人またはその世帯の前年度課税額が高額である場合、支給対象外となることがあります。

申請手続き

補装具の購入・借受け・修理を行う場合には、事前に申請を行い、支給決定を受ける必要があります。また、支給に際し、愛媛県福祉総合支援センターの判定が必要となる場合があります。
なお、支給申請の際には、次のものが必要です。

介護保険制度の優先について

介護保険により該当の福祉用具の貸与が受けられる方は、補装具費の支給対象とはなりません。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:保健福祉課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る