くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 風しんの追加的対策を実施します

このページを印刷する

風しんの追加的対策を実施します

風しんとは

風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる感染力の強い感染症です。妊娠初期の妊婦が風しんに感染すると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴・心疾患・白内障・精神や身体の発達の遅れ等の障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。これらの障がいを先天性風しん症候群といいます。
大人になって感染すると無症状、または軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

予防接種の効果

風しんワクチン接種を受けた人に免疫ができる割合は約95%と考えられます。
風しんは予防接種で防ぐことができる感染症です。

風しん追加的対策(抗体検査・予防接種)について

風しんの予防接種は予防接種法に基づき公的に行われています。しかし公的な予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率がほかの世代に比べて低く約80%となっており、5人に1人は風しんの免疫を持っていないと考えられます。
そのため、令和4年(2022年)3月31日までの3年間に限り、無料で風しん抗体検査・予防接種を受けられます。

実施期間

  • 令和4年(2022年)3月31日まで
  • (注意)今年度発行中のクーポン券の有効期限は令和2年(2020年)3月31日まで。
        今年度中に抗体検査・予防接種を受けましょう。

対象者

  • 令和元(2019)年度クーポン券発行対象者
  • 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
  • (注意)昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性は、次年度以降のクーポン券の発行対象です。
        ご希望の方にはクーポン券を発行します。保健福祉課までお問合せください。

費用

無料(抗体検査・予防接種ともに無料です)

実施の流れ

1.抗体検査を受けます

  1. 町の特定健診(予約先:保健福祉課)
  2. 職場の健診(予約先:職場の健診担当)
  3. 各医療機関(要予約)
    医療機関一覧表(町内)PDFファイル(105KB)
    医療機関一覧表(全国)

持参品

  • クーポン券
  • 風しんの抗体検査受診票(水色)
  • 本人確認書類(運転免許証・保険証・マイナンバーカード等)

2.抗体検査の結果を受け取ります

  • 実施した医療機関に結果を受け取りに行くか、郵送で結果が届きます。
  • 定期接種非対象(抗体あり)の場合
  • 十分高い抗体価があります。予防接種を受ける必要はありません。(ここで終了)

3.予防接種を受けましょう

  • 定期接種対象(抗体なし)の場合
  • 抵抗力がなく、風しんにかかるリスクがあります。
  • 医療機関で早めに予防接種を受けましょう。

持参品

  • クーポン券
  • 風しんの第5期の定期接種予診票(黄色)
  • 抗体検査結果通知
  • 本人確認書類(運転免許証・保険証・マイナンバーカード等)

関連ファイル

風しん抗体検査・予防接種のお知らせPDFファイル(623KB)

注意事項

クーポン券は住民票のある自治体が発行したもののみ有効です。
現在の住所地と異なるクーポン券を持っている場合は使用しないでください。現在の住所におけるクーポン券を持っていない場合は、住民票のある自治体へお問合せください。クーポンの再発行が受けられます。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:保健福祉課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る