くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 平成31年度高齢者の肺炎球菌感染症予防接種についてお知らせします

このページを印刷する

平成31年度高齢者の肺炎球菌感染症予防接種についてお知らせします

肺炎球菌感染症とは

肺炎は日本人の死因第3位の疾患であり、肺炎で亡くなる方の95%以上が65歳以上となっています。肺炎を引き起こす病原菌には様々な種類がありますが、高齢者の肺炎の原因で最も多いのが肺炎球菌です。

予防接種の効果

ワクチンには、肺炎球菌の約7割を占める23種類の肺炎球菌感染症について予防効果があり、重症化を防ぐことができます。接種後3週間で免疫ができ、効果持続期間は健康な成人で5年以上とされています。ただし、すべての肺炎を予防するものではありません。

(注意)5年以内に再接種を行うと、接種部位の痛み、腫れなどの副反応が強く出ることがあります。

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

実施期間

2019年4月1日〜2020年3月31日

対象者

(1)平成31年度対象者
以下の生年月日に該当する方

  • 65歳:昭和29年4月2日生〜昭和30年4月1日生
  • 70歳:昭和24年4月2日生〜昭和25年4月1日生
  • 75歳:昭和19年4月2日生〜昭和20年4月1日生
  • 80歳:昭和14年4月2日生〜昭和15年4月1日生
  • 85歳:昭和9年4月2日生〜昭和10年4月1日生
  • 90歳:昭和4年4月2日生〜昭和5年4月1日生
  • 95歳:大正13年4月2日生〜大正14年4月1日生
  • 100歳:大正8年4月2日生〜大正9年4月1日生
  • 101歳以上:大正8年4月1日以前生

(2)接種時に60〜64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいを有する者およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する者

接種回数

生涯1回

(注意)過去に肺炎球菌ワクチン(23価ポリサッカライド)を1回でも接種したことのある方(任意接種を含む)は定期接種を受けることはできません。

自己負担

4,000円

(注意1)接種券がなければ4,000円で予防接種を受けることはできません。
(注意2)対象者のうち、生活保護受給者の方は、所定の手続きにより無料で接種できます。申込み時にお知らせください。

接種方法

  1. 申込みのあった方に接種券を発行します。接種を希望する場合は、本人または家族の方が愛南町役場保健福祉課または城辺保健福祉センターまでお申し込みください(電話での申込みも受け付けています)。
  2. 発行された接種券と予診票を持って、県内の委託医療機関で実施期間内に予防接種を受けてください。

(注意1)町発行の接種券を持たずに接種した場合は、全額自己負担になりますので、ご注意ください。
(注意2)他の予防接種を受けている場合、接種した予防接種の種類を確認し、予防接種が生ワクチンの場合は、接種した日の翌日から起算して27日以上、不活化ワクチンの場合は、接種した日の翌日から起算して6日以上の間隔をあけるようにしてください。

実施場所

県内の委託医療機関(詳しくは愛南町役場保健福祉課または城辺保健福祉センターまでお問合せください。)

(注意)事前に予約が必要です。

申込み・問合せ先

  • 愛南町役場保健福祉課 電話番号:0895-72-1212
  • 城辺保健福祉センター 電話番号:0895-73-7400

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:保健福祉課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-1212

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る