くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > くらし・手続き > 国民健康保険 > 特定健康診査・特定保健指導 > 特定健診・特定保健指導についてお知らせします

このページを印刷する

特定健診・特定保健指導についてお知らせします

平成20年4月から特定健診・特定保健指導が実施されております。
心臓病や脳卒中など循環器病の発症原因となる動脈硬化の進行には、メタボリックシンドロームが深く関係していることがわかってきました。メタボリックシンドロームとその予備群を早期発見し、生活習慣を改善できるよう健診結果に合わせた効果的な保健指導を行います。国保に加入している40歳から74歳までのすべての人を対象に年1回実施され、内容は次のとおりです。

特定健診

特定健診では、まず腹囲測定やBMIで内臓脂肪の蓄積を調べます。
さらに、血圧や血糖、脂質、尿検査、肝機能検査といった基本的な検査と、喫煙歴等の生活習慣についての問診が行われます。その結果から、メタボリックシンドロームの危険性のレベルを判定します。必要に応じて詳細な検査を実施することもあります。
(注)なお、24年度より「クレアチニン」・「尿酸値」・「尿潜血」が追加の検査項目となっています。

特定保健指導

特定健診の結果に基づき、保健指導のレベルを三つに分け、それぞれに合わせた保健指導を保健師等が行い、生活改善を支援していきます。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:町民課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る