くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > くらし・手続き > 戸籍・住民票・印鑑証明 > 戸籍に関する届出 > 離婚届についてお知らせします

このページを印刷する

離婚届についてお知らせします

届出に必要なもの

  1. 離婚届書 1通
  2. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明)<届出地に本籍がない場合> 1通
  3. 届出人の印鑑(認め)

裁判離婚の場合

  1. 【調停離婚】 調停調書の謄本
  2. 【審判離婚】 審判書の謄本と確定証明書
  3. 【和解離婚】 和解調書の謄本
  4. 【認諾離婚】 認諾調書の謄本
  5. 【判決離婚】 判決書の謄本と確定証明書

届出する際の注意

  1. 離婚の意思を知っている成年の証人2名の署名・押印が必要です(裁判による離婚の場合は必要ありません。)。
  2. 裁判(調停等)離婚の場合は、調停の成立または審判若しくは判決の確定した日から10日以内に、申立をした方が届出をする必要があります。また、10日を経過後は、相手方からも届出をすることが可能になります。
  3. 未成年の子がいる場合は、必ずどちらが親権者になるのかを決めなくてはなりません。
  4. 宿日直に預ける場合や使者に頼んで当事者本人がその場にいない場合は、新しい本籍の表示について、事前に本籍のおける番地であるかを新本籍地の役所で確認してください。新本籍の表示が使用できないときには、当事者本人に訂正していただくため、受理決定ができなくなります。
  5. 届出は、本籍地、住所地の役所で、閉庁後や休日の場合には、宿日直者がお預かりするだけになります。住所変更やその他の手続きは、後日、改めて平日の午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。
  6. 後日、内容確認の必要がある場合の連絡のため、必ず昼間連絡の取れる電話番号を記入してください。

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法第77条の2の届)

この届は「婚姻中の氏を離婚後も引き続き名乗る」場合にのみ提出してください。離婚届と同時に提出することもできます。

届出に必要なもの

  1. 戸籍法第77条の2の届書 1通
  2. 戸籍謄本(戸籍全部事項証明) 1通 <(届出地に本籍がない場合)離婚届と同時に提出される場合は兼ねます。>
  3. 届出人の印鑑(認め)

届出する際の注意

  1. 離婚の日から3か月以内に提出してください。
  2. 届出は、本籍地・住所地の役所で、閉庁後や休日の場合には、宿日直者がお預かりするだけになります。その他の手続きは、後日あらためて平日の午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。

届出における本人確認

戸籍の届書を持参した方について、本人確認を行います。官公署の発行した写真付きの証明書(マイナンバーカード・運転免許証・パスポート等)の提示をお願いします。

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:町民課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7300

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る