くらしTOP
くらし・手続き
健康・医療・福祉
教育・文化・スポーツ
産業・ビジネス
町政情報
観光情報

トップ > くらし > くらし・手続き > 税金 > 納税方法 > 給与所得者に係る特別徴収の完全実施についてお知らせします

このページを印刷する

給与所得者に係る特別徴収の完全実施についてお知らせします

平成27年度から、愛媛県内の全市町は個人住民税の特別徴収を一斉に完全実施します。

個人住民税の特別徴収とは

給与所得に係る個人住民税(町民税・県民税)は、所得税の源泉徴収と同様に事業所による特別徴収が地方税法によって義務付けられています。事業主(給与支払者)は特別徴収義務者として法人・個人を問わず、原則全ての従業員について、個人住民税を特別徴収していただく必要があります。

特別徴収の方法について

個人住民税特別徴収は、1年分の税額を6月から翌年の5月までの12回で納めていただきます。税額の計算は給与支払報告書に基づき町が行い、従業員ごとの住民税額をあらかじめ事業主様に通知しますので、その税額を毎月の給与から天引きし、翌月の10日までに愛南町に納めていただくことになります。また、従業員が常時10人未満の事業所は申請により年12回の納期を年2回とすることができます。

特別徴収への切替えの推進

現在、愛南町では県と合同で、特別徴収未指定事業所に対して文書発送、電話連絡、戸別訪問を実施し、特別徴収への切替えを推進しています。未指定事業所が平成27年度から特別徴収に切り替える手続きは、給与支払報告書の提出時に総括表及び仕切紙(特別徴収分、普通徴収分)に人数を記入のうえ提出ください。
原則は特別徴収ですが普通徴収への切替理由に該当の方は普通徴収となる場合があります。普通徴収への切替理由に該当しない場合や仕切紙の提出のない場合は特別徴収となります。

関連ファイル

関連リンク

pdf

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元
担当部署:税務課
愛南町城辺甲2420番地
電話番号:0895-72-7301

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページの先頭へ戻る